【2010年】100円寿司が50皿食べられる!!カッパ・クリエイト

東証1部 7421  カッパ・クリエイト


すべて1皿100円(税込み105円)のカジュアルなお寿司の文化を広めてきた「かっぱ寿司」です。回転寿司の業界首位級。



権利確定は、2月末の年1回です。


優待内容 は 50株以上で、

525円分の「株主優待御食事券」がもらえます。

50株以上 10枚
500株以上 20枚
1000株以上 40枚

発送時期は5月下旬の株主総会後となります。



優待券1枚で5皿分食べられるなんて結構イイかもしれませんね。

2/1日現在の株価は 1,813円 です。
優待がもらえるのが50株(単元株数も50株)からなので、最低90,650円必要です。

また、直近実績の配当は年1,750円でした。

優待と配当合わせて年間 5,250円 のお得になります。

優待を合わせた利回りは約 7.72% になります!!手(チョキ)


次項有最新レーティング は +0.50 となっています。
2010年01月22日付

※レーティングの数値は、-2.00~+2.00の範囲で、+2.00に近いほど買い推奨、-2.00に近いほど売り推奨を表します。


では現在、カッパ・クリエイトが割安かどうかここでチェック出来ます。(別画面に移ります)



ここは割安株を探す専門サイトです。
無料のメルマガも発行しているのでお役に立つと思いますよー。わーい(嬉しい顔)

ちなみに診断ツールで出てくる「RSI」とは、簡単に言うと
70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎと判断されます。



*株価は毎日変わります。又、配当金や優待内容は変更になる事がありますので
あくまでも参考程度にして下さいね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の週刊ダイヤモンド 2/6号(2月1日発売)の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特集1『解明!安さプラスαで「売れる店」』

深刻なデフレ不況にもかかわわらず、売り上げを伸ばしている小売り企業がいくつもある。「安さ」でライバルに負けないのは当然で、価格以上の「何か」で消費者の指示を集め、高収益を続けている。ファッションの世界では外貨が続々、日本市場に参入し、これまでとは異なる魅力で消費者を引き付ける。
好調企業を取材し、消費不況を乗り越える゛光″を探った。

Part1 高収益を実現するプラスαの秘密

ABCマート 徹底した現場主義が生むヒット
  Interview 野口 実●ABCマート社長
ヤオコー パートのパワーで、豊かで楽しい食の提案
  Interview 川野幸夫●ヤオコー会長
ダイソー 「これも100円!」の驚きを追求
  Interview 矢野博丈●大創産業社長
ニトリ 「お、ねだん以上。」で、22期連続増収増益
  Interview 似鳥昭雄●ニトリ社長

■特集2『【増えぬ新規参入 減らぬ待機児童】保育園問題の不合理』

共働き世帯の増加に合わせて急増する保育園の需要。だが、供給がまったく追いついていない。認可保育園に入れない子供は80万人を超えているが、少ない予算、硬直した制度や既存保育園の反対などにより新規参入は進まず、増加のスピードは遅い。株式会社はなぜ排除されるのか。制度のどこが問題なのか。予算は本当に足りないのか。子どもの前に横たわる問題を追い、処方箋を示したい。

とりあえず1冊!でも、送料無料!!

クレジットカードでご購入頂けます。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事