1/30発表「(株)電算システム」が優待再開! 3,000円分で何になるのかお楽しみ!?


1/30 15:30発表
株式会社 電算システム」(東証第一部 3630)から 株主優待制度再開のお知らせ がありました。

情報処理サービス開発中堅。国際送金など収納代行事業を拡大中。グーグルの販売代理店展開もしている会社です。


さて、その再開した優待内容は・・・12月の年1回で、

100株以上 3,000円相当の品物(金券類も含みます)


です。

毎年12月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主さんから開始です。
(今年の権利付き最終日は12月25日です)


4日終値の株価が 1,349円だったので100株で最低 134,900円必要になります。
(他に手数料などかかります)

では、今回の株価の推移は、

1/30終値 1,200円  15:30発表
1/31終値 1,327円 前日比 +127円
  ↓
2/04終値 1,349円 30日比 +149円

優待効果でしょうか?日経平均上昇の波に乗って翌日大きく上がりましたね。
3,000円相当というのは相当あせあせ(飛び散る汗)インパクトがあったようですね。

ちなみに優待廃止発表は2011年1月28日で、
1/27 702円
1/28 681円
1/29 689円
とさほど変わりが無いような気がします。
当時の優待品は 年1回クオカード1,000円分でした。


3年間の推移 売上高、キャッシュ・フローなどは(百万円)
売上純利益率営業投資財務フリー 現/同負債負比自己
22.12連19,1534222.20664-194-1294701,849400.2128.8
23.12連21,0274502.14658-675-216-171,611400.1319.0
24.12連23,3695162.21884-365-1605191,966200.1025.5

「益率」は純利益率(%)、「営業・投資・財務・フリー」はキャッシュフロー、
(一般的に営業・フリーはプラスが良く、投資・財務はマイナスが良い)
「現/同」は現金及び現金同等物期末残高、
「負債」は有利子負債、「負比」は有利子負債比率(%)、「自己」は自己資本比率(%)

有利子負債はほとんどなくてキャッキュフローも理想的ですね。

予想PER 11.54倍
実績PBR 0.99倍
予想ROE 8.8%

平成25年の年間予想配当金は、40円で2/4日時点の
配当利回りは、約2.97%になります。
100株で 4,000円の配当金になります。(税金など引かれます)
ちなみに優待概算(3,000円)をプラスすると、約5.19%です。

過去1年間の高値は、1,832円(2013/01/31)・安値は、755円(2012/02/09) です。

緩やかに上昇していますので過去1年間では理想的なチャートの形になっていると思います。


----------------------------------------------------
楽天BOOKのレビュー★★★★★
  【送料無料】バリュー投資の強化書 [ 角山智 ]

Amazonのレビュー★★★★★
  バリュー投資の強化書~良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法~ (現代の錬金術師シリーズ)
----------------------------------------------------


売上げは毎年上がっていて負債も少なくて良いのですが、自己資本比率が低いのが気になります。
クオンツスコアでは、まだ割安感があるものの、財務健全性は低いようです。
過去14日のRSIは77.08%となっています。
(RSIは数値が100%に近いほど買われ過ぎ、0%に近いほど売られ過ぎ判断されます。)

ご判断は・・・・・お任せしまーす。あせあせ(飛び散る汗)




バリュー投資のグレアム流 解散価値は 719円

2013/2/4現在の株価は 1,349円

解散価値指数 53.3% (120%以上がバリュー投資対象)






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事