5/14発表「クオール(株)」が株主優待制度廃止です。配当利回りは約2.2%。株価の影響は・・?


5/14 15:30発
クオール(株) 」(3034)の優待制度が廃止になりました。

調剤薬局上位。首都圏から全国に出店拡大。ローソンやビックカメラ等との共同店舗で差別化している会社です。

《(中略)このたび、株主の皆さまへの公平な利益還元のあり方という観点から慎重に検討を重ねました結果、株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。
今後とも、株主の皆さまへの利益還元を重要な経営課題として認識し、継続的かつ安定的な配当に向けて業績の向上に全力で取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。》


今までの優待内容は・・・ 

100株以上 薬剤師・管理栄養士が開発したQOL向上商品の贈呈

でした。


では、今回の株価の推移は、

5/14終値 889円 15:30発表
5/15終値 809円 前日比 -80円
  ↓
5/21終値 804円 5/14日比 -85円

一気に下がりましたね。
14日は優待廃止と決算発表が同時にありました。


では、3年間の推移は・・(各3月期決算短信より)
売上純利益率一株益営業投資財務現/同負比自己
23年60,9151,1371.87%45.94円2,233-1,565-2562,71419.7%37.7%
24年66,2011,5602.36%62.11円3,830-4,5611,0002,98419.5%39.1%
25年76,7831,3491.76%52.76円5,327-6,6073,5635,26831.1%32.0%

(円・%表示以外は百万円単位)
「益率」は純利益率、「営業・投資・財務」はキャッシュフロー、
(一般的に営業はプラスが良く、投資・財務はマイナスが良いとされています。)
「現/同」は現金及び現金同等物期末残高、「負比」は有利子負債依存率、
「自己」は自己資本比率

純利益率が1%〜2%台と低めになっています。
25年度は長期借入金が増えていて、社債の発行もしています。
保険薬局の出店をするためのようです。先行投資ですね。
これで負債依存率も30%を超えて自己資本比率が下がってしまいました。
これから金利も上がってくるとちょっと厳しくなってくるかもしれないですね。

時価総額211億円
PER15.07倍
PBR1.62倍
ROE10.73%


株主構成
外国0.7%
投信1.6%
浮動7.2%
特定70.8%



平成26年の年間予想配当金は、18円です。(25年3月期の決定額は20円)
5/21日時点の配当利回りは、約2.23%になります。

過去1年間の高値は、957円(2013/03/25)・安値は、616円(2012/05/29) です。



----------------------------------------------------
楽天BOOK
 【送料無料】バフェットの投資原則新版 [ ジャネット・ロウ ]
レビュー評価 ★★★★★ 5.0

Amazon
 [新版]バフェットの投資原則―世界No.1投資家は何を考え、いかに行動してきたか
レビュー評価 ★★★★ 4.4
----------------------------------------------------


過去14日RSIは、26.11%になっています。
(RSIは数値が100%に近いほど買われ過ぎ、0%に近いほど売られ過ぎと判断されます)


予想株式益回り 6.43% (株式の利回りみたいなものです)

長期投資で考えると個人的には負債依存率が10%超えて、自己資本比率は50%以下なら
購入対象からはずれてしまいます。
この銘柄も20%近く〜30%ですので対象外になってしまいました。
ただ購入を考えていらっしゃる方はRSIが20%台に下がったので買い時かもしれません。


売買は自己責任で、ご判断は・・・・・お任せしまーす。あせあせ(飛び散る汗)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事