6月の優待 無配だけど、優待利回りが100株で7%の「小僧寿し」その内容と決算は・・・?

最近は優待の「これ」といったニュースはないので、

6月の優待銘柄の
(株)小僧寿し」(ジャスダック 9973)の詳細です。

持ち帰りずし『小僧寿し』を直営・FCで展開。3月、親会社すかいらーくが全株売却。再建途上の会社です。


さて、その優待は・・・6月末と2月末の年2回で、

自社優待券
100株以上1,000円相当
600株以上3,000円相当
1,000株以上6,000円相当
2,000株以上7,000円相当
3,000株以上8,000円相当
4,000株以上9,000円相当
5,000株以上10,000円相当
6,000株以上20,000円相当
10,000株以上30,000円相当
50,000株以上40,000円相当
100,000株以上50,000円相当

です。

と〜〜〜っても細分化されていますね!!
10万株って言ったら 2750万円!!これだけあれば優待で年間10万円分の小僧寿司が食べられます。

6/13日終値の株価が 275円だったので100株で最低 27,500円必要になります。
(他に手数料などかかります)

平成25年の年間予想配当金は、0円(無配)ですので年間優待利回りを計算しました。
(年2回分です。利回りは「約・・%」)
100株7.3%
600株3.6%
1,000株4.4%
2,000株2.5%
3,000株1.9%
4,000株1.6%
5,000株1.5%
6,000株2.4%
10,000株2.2%
50,000株0.6%
100,000株0.4%


さすがに100株の利回りが良いですね。個人投資家に向いているんでしょうね。


では、3年間の推移です・・(各12月期決算短信より)
売上純利益率一株益営業投資財務現/同負比自己
22年22,354-766-%59.14円-83046-1352,8054.7%44.1%
23年20,447-907-%-70.07円-40761-1452,3124.45%37.0%
24年20,235-878-%-65.73円-374-1,0001,1052,03417.3%25.0%

(円・%表示以外は百万円単位)
「益率」は純利益率、「営業・投資・財務」はキャッシュフロー、
(一般的に営業はプラスが良く、投資・財務はマイナスが良いとされています。)
「現/同」は現金及び現金同等物期末残高、「負比」は有利子負債依存率、
「自己」は自己資本比率

みごとに青字が多いですね。
それでも負債が抑えられているのでギリギリの線で頑張っているのでしょうか?
逆に言えばこの状態で優待を出しているのは立派です。
100株で優待をもらう目的ならいいと思いますが、将来伸びるという話題性がなければ
長期投資には向いていなさそうです。

時価総額46億円
PER339.51倍
PBR2.39倍
予想ROE-16.2%


株主構成
外国2.2%
投信0.0%
浮動39.1%
特定46.9%



過去1年間の高値は、480円(2012/9/14)・安値は、191円(2016/6/18) です。


 バフェットは「なぜ」「いつ」「どうやって」「どの」銘柄を買うのか。
----------------------------------------------------
楽天BOOK  【送料無料】バフェットの株式ポートフォリオを読み解く [ メアリー・バフェット ]

Amazon  バフェットの株式ポートフォリオを読み解く
  レビュー評価 ★★★★★ 3.7
----------------------------------------------------


過去14日RSIは、43.57%になっています。
(RSIは数値が100%に近いほど買われ過ぎ、0%に近いほど売られ過ぎと判断されます)


ご判断は・・・・・お任せしまーす。あせあせ(飛び散る汗)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

カテゴリ

人気記事