『(株)ベスト電器 』が2015/4/23に株主優待制度の変更(拡充)を発表!拡充の内容とは?指標的、同業者比較ではどんな感じ?


4/23 15:00に株主優待制度の変更(拡充)に関するお知らせがあった
(株)ベスト電器 」(東証第一部 8175)の情報です。


 どんな会社かというと・・・・
 『当社グループは、当社(提出会社である㈱ベスト電器)、子会社10社および関連会社3社で構成され、家庭用電気製品および情報通信機器を中心とした小売ならびに卸売を主な事業の内容とし、さらにクレジット事業、サービス事業およびその他の事業を展開しております。また、当社の親会社である㈱ヤマダ電機は、家電・情報家電等の販売を行っており、当社は同社より商品を仕入れております。』
(有価証券報告書より抜粋)


 株主優待制度変更の理由は・・・・
『当社は、株主様の日頃のご支援にお応えするべく株主優待制度を継続して参りましたが、この度当社株式への投資の魅力を高め、より多くの株主様に株主優待制度をご利用いただくため、制度の一部を変更(拡充)することと致しましたのでお知らせ致します。』
(適時開示より)


 さて、その変更内容は・・・

変更前(変更分のみ)
 毎年2月末の年1回 
500株以上 1,000円券× 5枚

変更後(変更分のみ) 
 毎年2月末の年1回
100株以上 1,000円券× 5枚

変更なし
 毎年2月末の年1回
2,500株以上 1,000円券×15枚
5,000株以上 1,000円券×25枚
25,000株以上 1,000円券×30枚
50,000株以上 1,000円券×50枚

です。
※株主ご優待券は、1回のお買上金額10,000円(税別)以上につき、10,000円(税別)ごとに1枚ご利用できます。
※株主ご優待券は、国内のベスト電器各店舗でご利用いただけますが、一部の店舗・ヤマダ電機・マツモトキヨシ・テナント等の店舗、並びに一部の商品・修理・工事代や部品・集金時にはご利用できません。

次回の権利付き最終日は来年の平成28年2月24日です。

50,000円以上の買い物を予定いているのなら15,000円位の投資で5,000円相当値引きになりますのでいいかもしれませんね。
普段使うには使い勝手が悪そうですが・・・。


4/28日終値の株価が 151円だったので100株で最低 15,100円必要になります。
(他に手数料などかかります。)


では、今回の株価の推移は、
4/23終値144円15:00発表 売買高573,300
4/24終値157円前日比 +13円 売買高61,413,200
  ↓    
2/28終値151円23日終値比 +7円 売買高3,590,000


優待導入の発表だけでした。24日株価の高値は194円で50円も上がりました。
売買高も桁違いでしたね。


平成28年2月期の年間予想配当金は、1円です。
4/28時点の配当利回りは、約0.66%になります。では、2月決算時の経営指標等の推移です。


 平成22年
第57期
平成23年
第58期
平成24年
第59期
平成25年
第60期
平成26年
第61期
 売上高(百万円)345,619340,969261,705184,310172,992
 純利益(百万円)△37,4481,057589△17,3471,620
 純利益率-%0,31%0.23%-%0.94%
 一株益(円)△415.8211.746.55△161.839.51
 自己資本比率26.8%31.0%35.3%35.6%39.3%
 一株当たり純資産(円)471.95486.38492.55231.28241.68
 配当(円)----1.00
 営業CF(百万円)12,69813,1775,96243△10,770

直近3年間の売上成長率は -18.7%

売上は年々下がっています。
純利益率、一株益はマイナスもあって安定していませんし、一株当たり純資産も下がっています。
ストックオプションはやっていません。


直近1年間の高値は、194円(2015/04/24)・安値は、127円(2014/10/15) です。
3年間では、2013年4月の247円が最高で2012年11月に100円が安値になっています。


同業種の細分類「家電量販店」内で売上高が近い3社の比較です。
*自分の計算なので他と多少のズレはあると思いますがご勘弁を・・・。
 ベスト電器
(東証1部 8175)
ノジマ
(JASDAQ 7419)
コジマ
(東証1部 7513)
株主優待有(優待券)有(割引券)有(優待券)
時価総額257億円 570億円 253億円 
株価151 2,359 325 
売上高(百万円)172,992 218,402 262,292 
純利益(百万円)1,620 4,394 1,056 
純利益率0.94% 2.01% 0.40% 
一株益(円)9.51 213.5 13.6 
PER13.55 18.40 57.52 
PBR0.59 1.82 0.59 
ROE4.33% 9.89% 1.03% 
ROA1.80% 3.28% 0.38% 
自己資本比率41.7% 33.1% 37.0% 
有利子負債依存度24.09% 16.74% 33.36% 
予想配当利回り0.66% 1.02% 1.23% 
過去3年売上高成長率-18.7% 1.73% -6.97% 
予想益回り7.38% 5.54% 1.73% 
従業員平均年収413万円 381万円 413万円 
取締役平均報酬960万円 1,451万円 917万円 


3社共、売上げはあまり上がっていないようです。自己資本比率も低めですしね。
この中ではノジマが純利益率、一株益、有利子負債依存度、ROEで見ると良さそうですね。
まあ、過去の実績も見てみないとなんとも言えませんが・・・。


大株主の状況 
株式会社ヤマダ電機 52.03%
株式会社ビックカメラ 7.96%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 4.56%
株式会社西日本シティ銀行 2.23%
日本生命保険相互会社 1.59%
*個人その他は 10.41%です。



マネー感覚から成功のコツ、情報や時間の使い方、人間関係の築き方、震災後の日本へのメッセージまで、
 ウォーレン・バフェット成功の名語録 [ 桑原晃弥 ]

投資で大切なことはすべてバフェットが教えてくれた!たった1分でバフェット流マネー哲学が学べる本。
 1分間バフェット [ 桑原晃弥 ]



では、一株益の推移を見てみます。
 ベスト電器ノジマコジマ
予想8.2 143.4 27.0 
平成26年9.5 213.52 13.5 
平成25年△161.8 96.49 △102.7 
平成24年6.5 111.02 △270.5 
平成23年11.74 198.16 51.7 
平成22年△415.82 243.41 81.34 

この業界の一株益は安定しないんですかねえ?
特にマイナスがないノジマ以外は厳しそうですね~~。


あくまでも個人的に・・・
10,000円以上で10,000円ごとにしか使えない優待券は使い勝手が悪い気がします。
satouは電気屋で1万円以上の買い物はほどんどしません。
satouが保有しているビックカメラの優待の方が絶対良いと思います!
指標的にもあまり良くなさそうですし、保有意欲はありません。


ご判断は・・・・・お任せしまーす。あせあせ(飛び散る汗)



最後に、ちょっと息抜き・・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事

QRコード