『イオンモール株式会社』が2016/9/30に長期保有株主優待制度の新設を発表!さて、この不動産係会社の優待内容と成績(指標)はどんなもんでしょう〜?100株概算利回り3%超え〜〜!



2016/9/30 12:00に 長期保有株主優待制度の新設に関するお知らせがあった
イオンモール株式会社」(東証1部)の優待内容と業績はどんなもんでしょう。

簡単な同業他社比較もありますよ〜。

イオンモールは、一般テナントのほか総合小売業を営むイオンリテール株式会社及びイオングループ各社に対して当社モールの店舗を賃貸している会社です。
イオン株式会社を親会社とする連結子会社34社(海外含む)及び持分法適用関連会社2社で構成されいます。



📝 長期株主優待制度新設の目的は・・・

 『当社株式を中長期的に保有していただいている株主の皆さまにさらなる感謝の意を表するとともに、当社株式への投資魅力を高め、より一層株主の皆さまの満足度の向上を図るとともに、「お客さま株主」として長期的に当社株式を保有していただくことを目的として、長期保有株主優待制度を新設いたしました。』
《適宜開示速報より》


📝 その内容は・・・

毎年2月末の年1回、3年以上保有の株主さん
1,000株以上 2,000円のイオンギフトカード
2,000株以上 4,000円のイオンギフトカード
3,000株以上 6,000円のイオンギフトカード
5,000株以上 10,000円のイオンギフトカード



※現行の株主優待制度は継続しているようですので、ちなみにこのような感じです。

毎年2月末の年1回
100株以上 3,000円相当の優待商品
500株以上 5,000円相当の優待商品
1,000株以上 10,000円相当の優待商品
*優待商品は、イオンギフトカードまたはカタログギフト、カーボンオフセットから、いずれかを選択


📝 開始時期

2014年2月末日から継続して株式を保有していて、かつ2017年2月末日の株主名簿に1,000株以上保有されている株主さんを対象に実施です。


2016/9/30終値の株価が1,588円だったので通常の優待権利の100株で現在は最低158,000円必要になります。
(他に手数料などかかります。)


----------------------------------------------------------------------------------------------
なぜ8割の個人投資家は損をしてしまうのでしょうか?
それは、個人投資家のみなさんが持っている「常識」という誤りから来ます。
投資で利益を得るためには3つのポイントを押さえればいいのです。

----------------------------------------------------------------------------------------------




📝 では、発表後の株価推移は・・・

発表前9/30始値1,527円12:00発表 29日出来高650,200
発表後9/30終値1,588円始値比 +61円(+4.0%) 出来高999,700

自己株消却の発表もあって株価は上がりました。


平成29年2月期の年間予想配当金は・・・27円です。
9/30時点の配当利回りは、約1.70%になります。


📝 今現在の優待が行われたと仮定しての優待概算の年間予想利回りは・・・

100株 (158,800円)3.59%(5,700円相当)
500株 (794,000円)2.33%(18,500円相当)
1,000株 (1,588,000円)2.46%(39,000円相当)
2,000株 (3,176,000円)2.14%(68,000円相当)
3,000株 (4,764,000円)2.04%(97,000円相当)
5,000株 (7,940,000円)1.95%(155,000円相当)
(税金などは考慮していません。)

100株が3%超えて良い感じですね!!


📝 2月連結決算経営指標等の推移です。
 平成24年
第101期
平成25年
第102期
平成26年
第103期
平成27年
第104期
平成28年
第105期
営業収益150,886 161,427 176,931 203,902 229,754 
純利益
(純利益率)
20,355 
(13.5%)
21,865 
(13.5%)
23,430 
(13.2%)
24,513 
(12.0%)
24,939 
(10.7%)
一株益(円)112.37 109.73 106.96 107.58 108.43 
一株当たり純資産(円)1,069.25 1,079.22 1,295.30 1,438.25 1,481.77 
自己資本利益率11.0% 10.7% 9.2% 7.9% 7.5% 
営業CF23,248 63,226 44,382 76,152 61,785 
有利子負債
(依存率)
179,910 
(33.1%)
220,145 
(34.9%)
190,365 
(25.1%)
253,798 
(28.2%)
334,405 
(34.3%)
売上高、純利益、営業CF、有利子負債は百万円単位

新しいイオンモールが出来ると収益、純利益が上がるという構図でしょうか?
一株益はあまり上がっていませんが、安定していますね。
やはりちょっと有利子負債が多めですね〜〜。


直近1年間の、高値は2,228円(2015/12/9)・安値は、1,211円(2016/7/8) です。


📝過去同日の株価の推移です。

2016/9/30終値1,588円
2015/9/30終値1,831円
2014/9/30終値2,093円
2013/9/30終値2,914円
2012/9/28終値1,910円

長いスパンで見ると・・・ムムム、下がっていますね。
営業収益は上がっているのに株価は下がっているという逆転現象???


📝さて、ここでsatou独自の指標チェックです。

・売上げは毎年順調に上がっているか・・・ 
  曇り晴れ.png ほぼ上がっています。

・営業活動によるキャッシュ・フローで赤字はないか・・・
  晴れ.png ありません。

・一株益は安定して順調に上がっているか・・・
  曇り.png 上がっていませんが、安定はしています。

・一株純資産は順調に上がっているか・・・
  晴れ.png 上がっています。

・自己資本比率は60%以上か・・・
  雨.png 27年は34.2%で、平均では35.8%と低めです。。

・自己資本利益率は平均で10%超えているか・・・
  曇り.png 27年は7.5% 平均では9.3%とちょっとだけ低めです。

・配当は連続しているか・・・
  晴れ.png 続いています。

・有利子負債依存率は10%以内か・・・
  曇り雨.png 約30%以上とちょっと高めです。

・流動負債合計/流動資産合計が50%以内か・・・
  晴れ.png 27年は229% で流動負債が多いです。

・ストック・オプションはやっていないか・・・
  雨.png やっています。イオン系はみんなやっているって感じがします。 


*取締役平均報酬額は、1845万円
*従業員の年間平均額は、653万円



予想PERは 13.37倍、予想益回りは 7.5% です。
イオンモールの業種は「不動産」になっています。
不動産の業種平均PERは14.4倍ですので割安傾向ですね。


大株主の状況(上位5社)
イオン㈱ 49.19%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 2.86%
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 2.09%
ジェーピー・モルガン・チェース・バンク 1.80%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 1.24%
*個人その他は全体の 6.8%です。

株式の保有状況
㈱ホットランド560,000株 取引関係の維持・円滑化のため
㈱ジーフット520,000株 取引関係の維持・円滑化のため
イオンディライト㈱97,500株 取引関係の維持・円滑化のため
㈱イオンファンタジー114.988株 取引関係の維持・円滑化のため
イオン九州㈱120,000株 取引関係の維持・円滑化のため
他8社掲載


📝 四季報に載っている「比較会社」の主な指標です。

イオンモール
(東証1部/連)
パルコ
(東証1部/連)
東急不HD
(東証1部/連)
株主優待有り・100株〜有り・100株〜有り・100株〜
設立年1911年1949年2013年
時価総額3619億円 960億円 3492億円 
株価(単元株数)1,588(100株) 947(100株) 545(100株) 
売上高(百万円)229,754 281,049 815,479 
純利益(百万円)24,639 6,061 28,718 
純利益率10.7% 2.2% 3.5% 
予想一株益(円)118.75 77.37 51.74 
自己資本比率34.2% 49.3% 21.1% 
有利子負債(百万円)334,405 54,518 1,106,114 
有利子負債依存度34.3% 23.1% 55.7% 
流動負債/流動資産229.0% 212.3% 96.8% 
ROE7.45% 5.28% 7.05% 
ROA2.63% 2.62% 1.45% 
直近3年売上高成長率13.95% 2.35% 6.87% 
予想PER13.37倍 12.24倍 10.53倍 
PBR1.09倍 0.82倍 0.80倍 
予想益回り7.48% 8.17% 9.49% 
予想配当(利回り)27円(1.70%)22円(2.32%)13円(2.39%)
取締役平均報酬1845万円 750万円 1855万円 
従業員平均年収653万円 752万円 1213万円 
ストックオプション有り 無し 無し 
筆頭株主イオン㈱J.フロントリテイリング㈱東京急行電鉄㈱
ウェブサイトHPへHPへHPへ
(直近の決算より。株価などは2016/9/30現在。)

流動負債/流動資産は数値が小さい方が流動資産が多いです。

では、一株益の推移を見てみます。
 4期前3期前2期前1期前直近期次期予想
イオンモール112.37 109.73 106.96 107.58 108.38 118.75 
パルコ52.49 54.44 66.81 62.04 59.75 77.37 
東急不HD  41.61 41.45 47.18 51.74 




----------------------------------------------------------------------------------------------
株の買い方がわかっても、どの株を買ったらよいかわからない人のための本。チャート分析では本当に成長の見込める株を選べているとは言えない。知っている企業は知れているし、確実に儲かる株を選ぶにはどうすればいいかを教える。投資の王道であるファンダメンタル分析を、素人でもわかるように極力やさしく解説する。

----------------------------------------------------------------------------------------------


イオンモール・・・100株で3,000円のギフトカードが貰えて配当も税金の考慮なしで2,700円分頂けるので利回りはいいですね〜〜〜。
近くにイオンモールがある人は100株位保有してもいいかも?
指標的には収益が上がっているのに株価は下がっているという不思議?な現象が起きていますが、一株益はあまり上がっていないとは言え、108円なのでそんなに悪くはないと思います。
不動産業なので有利子負債もまあまあ多いのですが、そんなものなのかな〜〜って思っています。

ちなみに株式会社格付投資情報センターの長期債格付は「A-」です。



売買ご判断は・・・・・ご自身の責任でお願いしま〜〜す。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事

QRコード