『ファーストコーポレーション株式会社』が2016/10/7に株主優待制度の導入を発表!さて、この建設系会社の優待内容と成績(指標)はどんなもんでしょう〜?100株概算利回り4%超え〜〜?!


2016/10/7 12:00に株主優待制度の導入に関するお知らせがあった
ファーストコーポレーション株式会社」(東証マザーズ)の優待内容と業績はどんなもんでしょう。

簡単な同業他社比較もありますよ〜。

ファーストコーポレーションは、分譲マンションに特化した建設工事の施工を中心に、マンション・デベロッパーへの事業化提案も行う「分譲マンション建設事業」を行っている会社です。



📝 株主優待制度導入の目的は・・・

 『株主の皆様からの日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式に対する投資の魅力を高め、より多くの投資家の皆様に、当社株式を中長期的に保有していただくことを目的としております。』
《適宜開示速報より》


📝 その内容は・・・



 毎年11月末の年1回
10,000株未満 クオカード 1,000円分
10,000株以上 クオカード 2,000円分

10,000株未満、以上とはまた極端な・・・。(笑)


📝 開始時期

平成28年11月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主さんを対象です。
(権利付き最終日は、11月25日です。)


2016/10/7終値の株価が867円だったので優待権利の100株で現在は最低86,700円必要になります。
(他に手数料などかかります。)






📝 では、発表後の株価推移は・・・

発表前10/7始値791円12:00発表 前日出来高29,900
発表後10/7終値867円始値比 +76円(+9.6) 出来高379,400

第1四半期決算短信のいい数字の発表もあって株価は10%近く上がりました。


平成29年5月期の年間予想配当金は・・・31円です。
10/7時点の配当利回りは、約3.58%になります。


📝 今現在の優待が行われたと仮定しての優待概算の年間予想利回りは・・・

100株 (86,700円)4.73%(4,100円相当)
10,000株 (8,670,000円)3.60%(312,000円相当)
(税金などは考慮していません。)

100株がなんと5%にせまる勢いですね!!


📝 5月連結決算経営指標等の推移です。
 平成24年
第1期
平成25年
第2期
平成26年
第3期
平成27年
第4期
平成28年
第5期
売上高1,011 3,421 7,187 13,937 16,270 
純利益
(純利益率)
0.8 
(0.1%)
22 
(0.6%)
162 
(2.3%)
492 
(3.5%)
1,029 
(6.3%)
一株益(円)0.09 2.32 16.39 48.59 88.48 
一株当たり純資産(円)4.25 6.50 22.90 109.06 182.02 
自己資本利益率2.1% 42.4% 111.5% 67.5% 60.5% 
営業CF- △508 601 △272 △3,846 
有利子負債
(依存率)
--- 
(---%)
--- 
(---%)
100 
(3.8%)
--- 
(0.00%)
5,207 
(42.5%)
売上高、純利益、営業CF、有利子負債は百万円単位



直近1年間の、高値は1,243円(2015/10/28)・安値は、691円(2016/9/2) です。


📝過去同日の株価の推移です。

2015年3月24日上場なので推移はありません。


📝さて、ここでsatou独自の指標チェックです。

・売上げは毎年順調に上がっているか・・・ 
  晴れ.png 上がっています。

・営業活動によるキャッシュ・フローで赤字はないか・・・
  雨.png 4期中3期赤字があります。

・一株益は安定して順調に上がっているか・・・
  晴れ.png 急速に上がっています。

・一株純資産は順調に上がっているか・・・
  晴れ.png こちらも急速に上がっています。

・自己資本比率は60%以上か・・・
  雨.png 27年は17.7%で、平均では11.3%と低めです。。

・自己資本利益率は平均で10%超えているか・・・
  晴れ.png 27年は60.5% 平均では57%と高いです。

・配当は連続しているか・・・
  晴れ.png 上場してから続いています。

・有利子負債依存率は10%以内か・・・
  曇り雨.png 今期は約42%以上と高めです。

・流動負債合計/流動資産合計が50%以内か・・・
  曇り.png 27年は76.6% で流動資産が多いですが50%以上になっています。

・有価証券報告書にストック・オプションの記載はあるか・・・
  雨.png あります。


*取締役平均報酬額は、675万円
*従業員の年間平均額は、521万円



予想PERは 7.94倍、予想益回りは 12.6% です。
ファーストコーポレーションの業種は「建設業」になっています。
不動産の業種平均PERは10.6倍ですので割安傾向ですね。


大株主の状況(上位5社)
中村利秋(代表取締役社長) 19.29%
飯田一樹 18.20%
㈱中村 9.22%
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 5.70%
齋藤みさを 4.28%
*個人その他は全体の 74.2%です。


📝 四季報に載っている「比較会社」の主な指標です。

ファーストCO
(マザーズ/単)
新日本建設
(東証1部/連)
大末建設
(東証1部/連)
株主優待有り・100株〜無し無し
設立年2011年1969年1947年
時価総額103億円 88億円 89億円 
株価(単元株数)867(100株) 921(100株) 833(100株) 
売上高(百万円)16,270 78,146 59,880 
純利益(百万円)1,029 7,504 2,270 
純利益率6.3% 9.6% 3.8% 
予想一株益(円)109.17 189.87 225.84 
自己資本比率17.7% 41.6% 23.8% 
有利子負債(百万円)5,207 14,604 6,420 
有利子負債依存度42.5% 17.1% 18.5% 
流動負債/流動資産76.6% 52.6% 77.2% 
ROE60.48% 23.20% 30.97% 
ROA11.31% 8.90% 6.72% 
直近3年売上高成長率50.46% 10.40% 7.12% 
予想PER7.94倍 4.89倍 3.72倍 
PBR4.76倍 1.33倍 1.04倍 
予想益回り12.59% 20.5% 26.9% 
予想配当(利回り)31円(3.58%)13円(1.40%)10円(1.19%)
取締役平均報酬675万円 1660万円 1325万円 
従業員平均年収521万円 628万円 653万円 
ストックオプション有り 無し 無し 
筆頭株主中村利秋㈱シンニホンコム大東建託㈱
ウェブサイトHPへHPへHPへ
(直近の決算より。株価などは2016/10/7現在。)

流動負債/流動資産は数値が小さい方が流動資産が多いです。

では、一株益の推移を見てみます。
 4期前3期前2期前1期前直近期次期予想
ファーストCO0.09 2.32 16.39 48.59 88.48 109.17 
新日本建設15.66 39.94 60.02 84.54 128.37 189.87 
大末建設△85.34 △78.94 118.50 156.24 217.26 225.84 




----------------------------------------------------------------------------------------------
ゴールデンクロスは買い」「デッドクロスは売り」「押し目で買え」「セルインメイ(5月売り)」など、株式投資の「鉄則」や「格言」は本当なのか? 膨大なデータと緻密なモデル設計で検証して白黒つける。さらに、バックテスト、仮想フォワードテスト、耐久性テストに合格した最強の投資手法を公開!

----------------------------------------------------------------------------------------------


ファーストコーポレーションは、上場間もない会社ですが、100株で税金の考慮なしで4%以上利回りがあるのでいいですね〜〜〜。
上場したばかりなので成長に期待も出来ますが、建築関係は指標的に安定していないのが多くて悩みますね。



売買ご判断は・・・・・ご自身の責任でお願いしま〜〜す。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事