『アサヒグループホールディングス』が2017/9/1に株主優待制度の一部変更を発表!利回りは低いけど、ちょっと良くなった感じです。<br><font size="-1">同業種の「キリンホールディングス」との比較有りますよ〜。</font>


2017/9/1 15:00に株主優待制度の一部変更に関するお知らせがあった
アサヒグループホールディングス株式会社」(東証一部)の優待内容と業績を見てみましょう。



📝  事業の内容は・・・〜有価証券報告書より抜粋〜

『当企業集団(アサヒグループ)は、当社、連結子会社137社及び持分法適用会社138社により構成され、その主な事業内容と、主要な会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりです。
(1) 酒類事業 (酒類製品の製造・販売、外食事業、卸事業他)
(2) 飲料事業 (清涼飲料他の製造・販売)
(3) 食品事業 (食品、薬品の製造・販売)
(4) 国際事業 (海外における酒類製品、清涼飲料の製造・販売他)
(5) その他の事業 (物流事業他)』


📝  株主優待制度変更の理由は・・・〜適時開示より〜

『当社は、株主の皆様からのご支援にお応えするとともに、アサヒグループの商品を一層ご愛顧いただきたいとの想いから株主優待制度を実施しております。
この度、これまでの株主様からのご要望にお応えするとともに、当社株式への投資魅力をさらに高めることを目的として株主優待制度を一部変更いたします。
アサヒグループは、今後も更なる「企業価値の向上」に重点を置いた経営を推進することで、世界で信頼される企業グループを目指していきます。』


📝  変更内容は・・・

変更前 12月末の年1回
100株以上  (1)〜(5)のうちいずれか一つ(1,000円相当)
  (1)株主様限定プレミアムビール
  (2)酒類商品詰め合わせ
  (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ
  (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」へのご参加
  (5)東日本大震災復興支援活動への寄附
1,000株以上  上記(1)〜(5)のうちいずれか一つ(2,500円相当)


変更後 12月末の年1回
100株以上  (1)〜(5)のうちいずれか一つ(1,000円相当)
  (1)株主様限定プレミアムビール
  (2)酒類商品詰め合わせ
  (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ
  (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」へのご参加
  (5)東日本大震災復興支援活動への寄附
500株以上  上記(1)〜(5)のうちいずれか一つ(2,000円相当)
1,000株以上  上記(1)〜(5)のうちいずれか一つ(3,000円相当)



📝 開始時期は・・・

平成29年12月31日現在の株主名簿に記録された株主さんから開始です。
(次回の権利を得るには、平成29年12月26日までに保有して下さい。)


平成29年9月5日終値の株価が、4,672円でしたので、
この日は優待権利の100株で最低467,200円必要です。
(他に手数料などかかります。)

ーーーーーーーーーーー
低位株こそマイナス金利下の資産づくりの切り札!少額からでも十分に買える、リスクを抑えた投資も可能、2倍高・3倍高も珍しくないー銘柄選びから売買のタイミングまで個人投資家の教科書。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

個人投資家が勝てる低位株投資 [ 藤本壱 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/9/6時点)




それでは、株価の推移と指標を見てみましょう!!

📝 では、発表後の株価推移は・・・

発表前8/31終値4,789円 出来高1,065,500
発表日9/1終値4,753円15:00発表 出来高655,300
発表後9/4終値4,735円前日終値比 -18円(-0.4%) 出来高833,700
発表後9/5終値4,672円前日終値比 -63円(-1.3%) 出来高769,800

発表前の1日前に出来高が増えて、発表前なのに年初来高値を記録するって素人考えだとなんか変に感じます。
9/5の下げは地政学的な下げだと思います。


平成29年12月期の年間予想配当金は・・・69円です。
9月5日時点の配当利回りは、約1.48%になります。


📝 今変更が行われたとしての配当+優待概算の年間予想利回りは・・・

100株 (467,200円)7,900円相当 1.69%
500株 (2,336,000円)36,500円相当 1.56%
1,000株 (4,672,000円)72,000円相当 1.54%
(税金などは考慮していません。)
優待利回りは低めですね。


直近1年間の高値は、4,810円(2017/9/1)・安値は、3,355円(2016/12/14)です。

9/1に年初来高値をつけました。
1年を見ると緩やかに上がっている感じです。


📝 発表日終値の過去同日(休みの場合は翌営業)株価の推移です。

2012年1,888円
2013年2,515円
2014年3,286円
2015年3,895円
2016年3,454円
2017年4,753円

5年間で株価は、約2.5倍になっています。


📝 12月決算経営指標等の推移です。
アサヒG推移.png
売上高、純利益、営業CF、有利子負債は百万円単位


・売上げは毎年上がっています。 晴れ.png
・営業活動によるキャッシュ・フローの赤字はありません。 晴れ.png
・一株益は毎年上がっています。 晴れ.png
・一株純資産は毎年上がっています。 晴れ.png
・自己資本比率は平均で44.2%です。  曇り.png
・自己資本利益率は平均で8.5%です。 曇り晴れ.png
・有利子負債依存率は平均で24.8%です。 曇り.png

負債系を除いては良い感じに伸びていますね。


大株主の状況(上位5社)
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 6.59%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 4.85%
第一生命保険㈱ 3.50%
富国生命保険相互会社 3.21%
旭化成㈱ 2.85%
*個人の株主数 101,953人で、その他と合わせた割合は全体の 15.124%です。
個人は意外と少なくて、金融機関と外国法人等が多いです。
(平成28年12月31日現在)

特定投資株式
(貸借対照表計上額上位5社)
第一興商㈱ 2,120,000株
㈱王将フードサービス 2,053,700株
㈱帝国ホテル 3,408,128株
㈱すかいらーく 3,416,600株
チムニー㈱ 1,759,700株
*他に ㈱セブン&アイ・ホールディングス・㈱ロイヤルホテル・㈱大庄・㈱ヴィア・ホールディングス・東海旅客鉄道㈱・ワタミ㈱・㈱ライフコーポレーション・三菱食品㈱・㈱サガミチェーン・伊藤忠食品㈱・㈱木曽路・㈱リンガーハット・イオンフィナンシャルサービス㈱・㈱ゼンショーホールディングス・藤田観光㈱ が記載されています。




No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券
に載っている同業種細分類(酒類)内で売上が近いキリンホールディングス(株)との比較です。

アサヒG比較.png
(直近の決算より。株価などは平成29年9月4日現在。)
*カッコ内の数字はsatou独自の判断基準です。
*流動負債/流動資産は数値が小さい方が流動資産が多いです。

直近期だけで比べてみると成長的にはアサヒの方が上のような気がします。
指標的にも悪くはないのでアサヒも良いかもしれませんね。
買えるお金はありませんが・・・・💧


一株益の推移です。
アサヒG一株.png
こちらを見てもアサヒの方が安定しているようですね。
キリンの新・一番搾りも好きなんですけど・・・。









指標を見ての売買ご判断は・・・・・ご自身の責任でお願いしま〜〜す。


この記事へのコメント

人気記事